【ご注意ください!】
Hacks for Creative Life!は引っ越しました。本サイトの更新は今後行われません。
今後はこちらのサイト(http://hacks.beck1240.com/)にて更新を継続いたします。

お手数ですが、RSSおよびブックマークの変更をお願いいたします。

また、Blogを書く場所を引っ越しはいたしましたが、今後とも更新は継続して行って参りますので、
これまでと変わらぬご愛顧の程よろしくお願いいたします。

201005020033.jpg
Hacks for Creative Life!管理人Beck

2008年08月31日

8月ダイエット大作戦顛末記

昨日、私の会社のバレー部の先輩であるTさんの結婚式に参加し、余興を無事完遂してきました。余興の内容は・・・

”ALADINの「日はまた昇る」の歌詞を新郎仕様に書き換え、その歌にあわせて海パン&セーラー服(共に男)の6人組で踊る”


というモノでした。私は若いからと言う理由で海パン
元々、この夏でダイエットを成功させるつもりだった私の尻に火がつきました。
(下記の8日の報告書のあたりにその様子があります。)

Wii Fitはダイエットの救世主となるか?
夏休みの計画
夏休みの報告書8日、9日、10日(習慣付けトレーニング)

その他、下がるモチベーションを保つ為に真剣に運動について考察してみたり。

効率的な運動に関する考察
生活習慣/人脈作りの技術−効率が10倍アップする新・知的生産術より

その甲斐もむなしく、無残な裸体をさらすことになったわけですが・・

それでも、体全体はそれなりに引き締めれたので良しとしよう。

ちなみに、直前2週間でビリーズブートキャンプを7回やりました。
体重はそれほど落ちなかったけど、体形は目に見えて変わりました。
アパートの2階だから、「ジャンピングジャック」や「腕立てランナー」や
「縄跳び」なんかはできないのが痛い。


で、これで目標だった「余興」を乗り切ったわけで、
以後は急激なダイエットではなく、ゆっくりしたペースのダイエットでいきます。

基本的にはランニング+WiiFitになるかな。
本当はビリーズブートキャンプを一切脱落せずにやり遂げたいところだけど・・・

正直飽きた(笑

WiiFitに飽きたらまたビリーに戻るか、ELITEを買おうかしら。






今回の反省:
20日程度で劇的に痩せることは不可能。
今後いつ「海パン」が巡ってきてもいいように、常に体型維持する。




・・・むしろ、バレーの試合で活躍できるように体鍛えなきゃだなw


posted by beck at 12:05 | 🌁 | Comments | TrackBack(0) | Health Hack! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月28日

生活習慣/人脈作りの技術−効率が10倍アップする新・知的生産術より

これまで「インプット/アウトプットの技術」「本質を見極める能力」についてエントリーしました。最終回は「生活習慣/人脈作りの技術」について書きたいと思います。

効率が10倍アップする新・知的生産術―自分をグーグル化する方法
著者:勝間和代
発売元: ダイヤモンド社
価格: ¥ 1,575
発売日: 2007/12/14
おすすめ度 4.0









全体の構成は以下の様な感じです。
  1. 本質を見極める技術(前回エントリー
  2. インプットの技術
  3. アウトプットの技術
  4. 生活習慣の技術
  5. 人脈作りの技術
  6. 上記5つの技術を実践するための行動
今回は4,5,6について記述したいと思います。
尚、前回・前々回も書いたとおり、このエントリーでは本書の内容について記述するものではなく、本書から得た”気づき”やそこから行っている”行動”について記述しています。故に、本書の内容とは全く関係のないことを書いていることが多々あります。本書の内容について知りたい場合は、他の書評サイト等をご参照下さい。


4.生活習慣の技術

生活習慣の内容は非常に興味深く、全般的にとても参考になりました。ざっとあげると

  1. 知的生産に対する悪習を絶つ(飲酒、喫煙、TV等)
  2. 隙間時間の有効活用
  3. 睡眠時間の確保
  4. 体力を付ける
  5. 頭と健康にいい食生活
という感じなのですが、1は言わずもがな。詳しい理由は本書を読んでいただくとして、隙間時間の使い方睡眠時間の考え方体力に関する考え方がとても参考になりました。

隙間時間の使い方


勝間女史の圧倒的に凄いところは隙間時間の有効活用の仕方が半端無いことですね。基本的には至る所で本を読み本を読めないときはオーディオブックを聞きメモ帳やノートPCで思いついたことはすぐにメモし、とっさのメモにはボイスレコーダを使う・・・等々。

隙間時間の有効活用に関しては本書にも『無理なく続けられる年収10倍アップ時間投資法』という別の勝間さんの本にも詳しく書かれていますし、それこそ膨大な数の書物で触れられています。興味がある方は調べてみては如何でしょうか?(このBlogでもまた今度まとめてみます。)

ちなみに、私は本が大好きなので、基本的には常に鞄に本を2冊ぐらい入れて、暇があったら読んでいます。また、満員電車用にオーディオブックもiPodに入れています。難点はシャッフルすると音楽にオーディオブックが混ざること・・・プレーヤー分けようかな。

ご参考までに・・・
オーディオブック関連エントリー『耳で聞くビジネス書
読書関連エントリー『読書管理おすすめサイト
その他読書系『書評カテゴリ


睡眠時間の考え方


睡眠時間は削ってでも自分の夢に向けて作業すべし!!

なんて思ってたんだけど・・・やっぱり、5時間切ると、次の日は猛烈に眠い。勝間さんは6時間寝ることをオススメしていますが、こればっかりは個人差があるのも確か。で、勝間さん曰く睡眠には

  • 肉体的な疲労を取り除く
  • 精神的な安息を取り戻し、ストレスを軽減する
  • 昼間得た記憶を定着させる

と言った意味があるので、体が必要とする十分な睡眠時間を取るべきとのこと。

個人的に思うのは、本当に追い込まれれば、寝る時間を削ってでも作業をしないとダメになることもあるし、そういう時はむしろ安心して寝れないので自然と睡眠時間は短くなるかなと。
シゴタノの大橋さんの記事「睡眠時間を短くする14のコツ<前編>」にもあったとおり、睡眠時間が短くてもやっていくためには”動機”や”目的”というのが凄く大事という記述もありましたね。

そんなわけで、特段の理由がないなら睡眠はちゃんと取った方が良さそうです。但し、肉体的・身体的な辛さを忘れさせてくれるような”何か”があれば、睡眠時間が短くても結構やっていける・・・と。


体力に関する考え方

一番興味深かったのは『集中力を付けるためには体力をつけるべし!』ってな意味合いの記述があったこと。体力があれば持続力が出るからってのがその理由なんだけど、確かに体力がある方が身体的にも疲れにくいですし、肉体的な疲労がなければ、よっぽど精神的消耗を起こす環境にいないかぎりは体より先に頭が音を上げるということもそうそうないかなと。

個人的には、最大酸素摂取量が大きくなることも集中力に一役買っているのかなと思っています。現代人は慢性的に酸素が欠乏しているらしく、これが少なからずとも脳の働きに影響しているようです。無意識のうちの呼吸が浅くなってしまったり、そもそもが運動不足で酸素を取り込む力が衰えてしまっているのではないかなと思っています。

前に『効率的な運動に関する考察』でも書きましたが、見た目にも、体力的にも、睡眠の効率的にも日々運動を心がけ、体力を増進することはとても良いことであると思います。更に言えば、それによって集中力という、知的労働作業にはとても重要な力を付けることができるのであれば、これはやらないわけにはいかないですね。



5.人脈作りの技術

これはいわゆる「Giveの5乗」という考え方が大事そうです。世の中なんでもGive&Takeといいますが・・・相手からの見返りを求めるのではなく、まずはひたすらGIVEすることに徹しようというものです。

人脈を広げるためにパーティーやセミナーに行くという、ガネーシャ的に言えば「応募する」こと自体はとてもいいことだと思いますし、その行動力たるや素晴らしいと思います。ただ、応募したとして、自分から何も与えることができない場合、そこに人脈が生まれることはありません。お友達になれればラッキーぐらいでしょうか。

大事な事は・・・Give&Give&Give&Give&Giveなわけですが、それだけのGIVEを人に与えるなんて、並大抵のことじゃないですよね。でも、逆に言えば、それだけ人にGiveできる何かをもって、それを出し惜しみすることなく与え続けることができる人になることが、最強の人脈術だということです。勝間さんの言葉を借りれば
「自分自身」の魅力を増すことが、究極的な人脈技術
ということですね。頑張ろう、俺・・・。


6.5つの技術を実践するための行動

ま、基本的には5つの技術に関するまとめなのですが・・・
自分的に行動に落とし込めているのが

BLOGにアウトプットを書き出す
運動を習慣づける

の2つだと思っています。フレームワーク力が弱いなぁとおもっているところなので、この2つをある程度習慣づけられた後、類書を読んだりして補強したいですね。

posted by beck at 02:13 | ☔ | Comments | TrackBack(0) | 読書/書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月26日

人に認められるということ

han0215-049.jpg

この国は何故か”人をほめること”が苦手な人が多い


別に統計を取った訳じゃないけど・・・今まで生きてきた中で、
この主張にはある程度の確信がある。

人の失敗を喜んで、成功を妬むなんてのはまじで最悪だとして、
普段の生活の中で人の”いいところ”よりも”悪いところ”に
目がいってしまうなんてのは、誰しも経験があることと思う



少なくても私はそうなのだけど、お世辞ではない、その人の感じた
自分のいいところを教えて貰えるととても嬉しい気分になる


それは褒められたこと自体もうれしいのかもしれないけど、何だか
自分のことをしっかり見てくれている、自分という人間を認めて
くれていることがとても嬉しかった。



高校生にバレーを教えていた時代、欠点を指摘するよりも、
できるだけ良いところを褒めるようにした
。(勿論、アドバイス
として欠点の直し方を教えることもしたのだけれども。)

そんなとき、彼女らは何だかとても難しい表情で喜んでくれた。

なんと表現していいのか分からないけど、むず痒いような、少し照れ
もあるような、それは何とも無邪気な笑顔だった。


多感な時代を生きる彼女らは、褒められることになれていない。


そういう反応をして貰えて嬉しい反面、なんだかとても悲しかった。
良いところがいっぱいあるのに、もっと自信をもって生きればいいのに、と。


個人的な意見になるけど、人を褒めるとき、ただ単におだてたり、
自分に好意を持って貰おうと思ってはいけない
と考えている。
(勿論、相手を口説きたい等の目的があるなら別だが)

ましてや、相手を”評価する”なんてことでは決してない
褒めて”あげる”なんてのは、ただのエゴイズムでしかない。


相手を褒めるとは、相手の良いところを見つけ出し、その才能や
性質を認めてあげること
だと思うし、もっと言えば、相手と相手の行動、
生き方に対して多大な敬意
(リスペクト)を払うことだと思う。

だから、本当にその人のことをよく見て、心から伝えなければいけない
と思っている。そんな改まって伝えるのはこっぱずかしいと思うなら、
心の中ではそう思って、照れ隠しながら伝えればいい。気持ちが乗って
いるなら、必ず伝わるはずだ。

心から一言「マジスゲー!!」だって全然かまわないと思う。

「人にしてもらいたいと思うことは何でも、あなたがたも人にしなさい」
(マタイによる福音書7章12節)
「己の欲せざるところ、他に施すことなかれ」
(論語 巻第八衛霊公第十五 二十四)
イエスも孔子も言っているとおり、自分がされて嬉しいことは、みんな嬉しい
この黄金律は2000年モノなのだから、間違いない!

この国の慣習ってやつはなかなか変えられないかも知れないけど、
少なくとも僕らが意識を変えれば、僕らの周りの人が幸せになったり、
やる気を出したり、才能に目覚めたりできるかもしれない。


posted by beck at 01:44 | ☔ | Comments | TrackBack(0) | 勉強/スキルアップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月24日

今日が人生最後の日なら・・

今や伝説ともなった「スティーブ・ジョブスのスタンフォード大学卒業祝賀スピーチ」について、今更ながら思うことがあって触れたいと思います。スピーチの和訳全文を見たい方は

スティーブ・ジョブスのスタンフォード大学卒業祝賀スピーチ(日本語訳)

をご覧下さい。ちなみにスピーチの動画も貼り付けられています。


さて、今回取り上げるのは、下記の下り(Part5)です。
私は17の時、こんなような言葉をどこかで読みました。確かこうです。「来る日も来る日もこれが人生最後の日と思って生きるとしよう。そうすればいずれ必ず、間違いなくその通りになる日がくるだろう」。それは私にとって強烈な印象を与える言葉でした。そしてそれから現在に至るまで33年間、私は毎朝鏡を見て自分にこう問い掛けるのを日課としてきました。「もし今日が自分の人生最後の日だとしたら、今日やる予定のことを私は本当にやりたいだろうか?」。それに対する答えが“NO”の日が幾日も続くと、そろそろ何かを変える必要があるなと、そう悟るわけです。 (前述の和訳分より抜粋)
お気づきだとは思いますが、私が特にインパクトを受けたのが太字下線部です。
いわゆる、メメント・モリに近い考え方ですね。

人はいつか、絶対に死ぬはずなのに、そのことを忘れて生きています。それ自体は、むしろ人が生きていくために必要な”防衛本能”であるため、悪いことではないのです。しかし、それがため”時間は無限にある”と錯覚して、漠然とただ反応的に日々を生きてしまうことがままあります。

いつまでも若いわけではなく、今できることが将来できるとも限らず、周りの人もいつまでも生きているとは限らないのです。”孝行したい時には親はなし”なんて言葉がありますが、そんな”あの時なんでもっとちゃんとやらなかったんだろう”なんて後悔をすることが一番辛い。私はそう思います。


スティーブ・ジョブスは「今日の予定は」という言い方をしていましたが、それは彼が自分の人生の目的と目標を明確化しているからであり、私の様な凡人にはまずは「今、自分がやっていることは、本当にやりたかったことか?」というところから問いかけることになります。


今の仕事は客先に出向いてお客様の立場で開発を行うという相当得難い経験をさせて頂いています。社会への影響も大きく、社内からの期待も高く、やりがいのある仕事だと思っています。プロジェクトへ最大限貢献し、何としてでも無事完遂させたいという思いも強く持っています。


それでも、この仕事は多分本当にやりたかったことではないと感じています。


そう思うのは多分、このプロジェクトの前に半年だけ行っていた提案活動がすごくしっくりきていたからだと思います。毎日最新情報に目を光らせ、自分のアイデアを突き詰め、資料作りに腐心し、プレゼンの練習をこれでもかというぐらいやりました。豪快に”日本の未来”を思い描き、それを実現するためにどうすればいいかなんてことを考えていました。

今の仕事と比べれば、儲けも少なく、デカい仕事では無いかも知れません。でも、何か自分なりのやり甲斐を感じていました。価値観にマッチしていた、とでも言いますか。

  • 道を切り拓く
  • 新しい価値を創り出す
  • 人々の生活(仕事でもOK)に直接関係する
  • 各分野のプロによる協業

色々要素はあるのですが、特に上の4つが満たされる仕事であればモチベーションが向上するようです。自分の価値観にあった仕事をしているときは、どんなに困難であっても、どこか楽しんで、自分でも驚くぐらいの集中力を持って乗り越えられるのです。


会社を作りたいとか、Creativeな仕事がしたいとか、Creatorとして活動したいとか・・・そんな色々な思いがある中で、今は毛色の違うSEという職種についていることに色々思うところがあったりもするわけです。

やった後悔と、やらなかった後悔の内、圧倒的に残るのがやらなかった後悔です。全力を出してダメだったことと、手を抜いてダメだったことの内、後悔するのは圧倒的に後者です。


今日がもし最後の日になった場合、私はまだまだ圧倒的に後悔が勝ります。


やりたい事を今すぐ始め、やるべき事は全力でやる。


状況が許さない場合は、形を変えてでもやるべきです。どんな形であれ、夢に向かって第一歩を踏みだすことには絶大な価値があります。そして、それを継続し、一歩ずつ夢に近づいていくことには更に大きな価値があります。出来ることに限りがあったとしても、その限りある中で全力を出せばいい。

・・・と、自分に言い聞かせています。

私の場合は、本を読んだり、Blogを書いたり、今の仕事を一生懸命頑張ったり、ダニーと作っているWEBサイトを作ったり、彼女を大事にしたり・・・今できることは沢山あります。

そして、本当に後悔せずに死にゆくためには、どこかで決断しなければ行けないのです。今はその決断がうまく行くようにするための準備期間中です。もし、ここを全力で頑張らなければ、決断も出来ず、無為に時間を過ごした自分に悔やむだけになってしまいます。

「もし今日が自分の人生最後の日だとしたら、今日やる予定のことを私は本当にやりたいだろうか?」

私はまだまだ道半ばですが、今しか出来ないこと、今やるべき事、今やりたい事を選び取り、全力で取り組みたいと思います。このエントリーを読んだあなたの人生が、あなたにとって本当にやりたいことを実現したものとなるよう、祈っています!


関連記事:
iPhone 発表時のプレゼン
起業したい理由
やるなら今しかない@
やるなら今しかないA-夢が目標に変わった日
タグ:起業
posted by beck at 13:24 | ☔ | Comments | TrackBack(0) | 起業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月19日

効率的な運動に関する考察

仰々しいタイトルを付けているが、ここ数週間の間に自分が心がけている「運動」に関して、一定の考えがまとまったからここに簡単ながら記す。

運動をすることによって得られるメリットは以下の通り

  • 引き締まった体の方が精悍に見える
  • 病気になりにくくなる
  • 集中力がつく(おそらく酸素吸入量が増えるから)
  • 体を鍛えることによって心も鍛えられる
  • ストレス解消になる
  • こういった事が総じて自信につながる

ちなみに、肥満になると睡眠時に気管が狭くなり、睡眠が浅くなることも。これは体質もあるので、一概には言えないが、いびきをかき、睡眠が浅いと感じる人は、ダイエットをすることで症状を軽減できる場合もある

また、運動は習慣化した方がいい理由としては

  • 体を鍛えれば鍛えるほど太りにくくなる(基礎代謝量の増加)
  • 一度体がなまると運動が辛くなる
  • 体を鍛えたり、体力を付けるに運動を定期的に行う必要がある
  • 負荷が高すぎる運動は体に有害(活性酸素が発生する)

といったことがあげられる。例えば、運動をすればするほど太りにくい体になるのに対して、体がなまれる(太れる)ことで運動への心理的障壁が高くなり、基礎代謝量は下がるわ、運動はしなくなるわの負のスパイラルに陥る

では、どういった運動がいいかというと
  1. 適度な負荷(体が鍛えられる)
  2. 有酸素運動(脂肪が燃焼される)
  3. 心理的に辛くない(継続できる)

そんな運動がベストだ。故に、個人的には「Wii Fit」の様な適度な負荷で楽しみながら行える運動をおすすめする。そういった運動を心がければ、継続的に運動を行うことが可能となり、太りにくい体、太りにくい生活習慣を手に入れることができるだろう。


ただし、今の私のように短期的に痩せる必要がある場合には、少し話が変わってくる。特にスポーツ経験者や普段からそれなりに鍛えている人にとって、Wii Fitでは負荷が低すぎる

そんな僕の選択肢は

ビリーズ・ブートキャンプ


これはなんだかんだで最強である。負荷が高すぎるというデメリットもあるが、筋トレと有酸素運動を巧みに組み合わせた、かなり効率的なエクササイズである。

筋トレによって体が引き締まり、見た目にも痩せて見え、基礎代謝量も増えるので太りにくい体を作ることもできる。しかも、得てして無酸素運動になりがちな筋トレを有酸素運動でやってくれるので、筋トレしながら脂肪を燃焼することができるのだ。理論上はパーフェクトだ。


但し、これは短期集中型のプログラムであり、そうそう長く続けられるものではない。しかも、DVDだから、飽きてしまう。心理的障壁が高い上に、モチベーション曲線が下降の一途をたどる運命にあることこそ、このプログラムの最大の欠点である。

短期集中でブートキャンプに入隊し、ひとしきり体を鍛えたら、Wii Fitに切り替えようと思っている。

一番大事な事は、30日に向けて体を鍛えあげること。そして、その先で大事なのが、継続的に運動を続け、この先未来永劫太らない自分を手に入れることなのである。


・・・がんばれ、俺。後10日!!
posted by beck at 23:14 | ☔ | Comments | TrackBack(0) | 個人的日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

夏の思い出・・・

夏休みが終わり、社会復帰1日目です。

ちょっと思うことがあって、軽く感情的です。


このBlogの昔の名称は「コーチングダイアリー」
名前の由来は、バレーのコーチから。

その時のBeckの日記はカテゴリ「コーチ」から見ることができます。
http://pei.seesaa.net/category/96988-1.html


そんな昔を思い、今の自分に憤りを感じたことを書きます。
あまりにもここ最近のエントリーから見ると”感情的”なので、
興味がある人だけ「続きを読む」から読んでやって下さい。

続きを読む
posted by beck at 01:44 | ☔ | Comments | TrackBack(0) | 個人的日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月17日

夏休みの報告書13日〜17日(習慣付けトレーニング)

これまでの記録

8月13日(水) Blogはめっちゃ書きました。

運動   :。30分程度walking。
英語   :NG。手つかず・・・
Cre-pa :OK
Blog   :
OK
アイデア :OK

13日は朝からCreative For You!の記事を書き、昼からは前回分の報告書を書きました。故にBlogに関してはまぁまぁ頑張ったかな・・ということで。アイデアマラソンもちゃんとやりましたし!

夜に彼女さんとデートの予定があったため、電車の中でひたすらCre-Pa!で構築する機能の洗い出しと作業レベルへの落とし込みを考えていました。まぁ、実際に構築作業をした訳ではないのですが、Cre-Pa!についてまじめに考えてたってことで。

運動はあまりできなかったのですが、本来なら電車で行くところを歩いて、30分程度のWalkingを行いました。ま、運動が出来ない日はせめて食った分ぐらいのカロリーを消費しましょうってことで。

英語は・・・半ばあきらめています。自分が英語を勉強するモチベーションを見つけない限り、できねーなってことで。ちょっと真剣に考えてみます。

8月14日(木) いらんことしたー!!

運動   :OK40分wii Fit、40分ランニング
英語   :NG。手つかず・・・
Cre-pa :OK。開発環境再構築
Blog   :
OK。かなり書いたデー
アイデア :OK。勝間本に関して色々とアイデア出し


えっと、いらんことしました。
開発環境にVisual Studio 2008 ExpressがSP1になっていて、SQLサーバも2008がでたから、開発環境を一新しようとしたら・・・・

めっちゃ時間が掛かった上に、問題が出まくりで作業が一切出来ず

あほでした。ま、こういう日もあるか・・

で、その開発環境再構築作業をやっている間にひたすらBLOGを書いたり運動したりしてました。

朝は「本質を見極める技術」、夜は「VisualStudio2008 Express SP1 & SQL Server 2008 Expressが公開!」をHacks for Creative Life!にPOST。また、日付が変わるかかわらんかのあたりで「Creator File No.11 - ムシロ - 心が締め付けられる切なくも暖かいサウンドノベル 」をCreative for You!にPOST。

ちなみに、18時頃からWii Fitをはじめて、そのまま勢いづいて19時頃からランニング合計1時間半ぐらいひたすら運動してました。体を動かすのは好きやから、やり始めてしまえば後はなんとかなるんですよね。

英語はそういう訳にもいかず、最初の心理的障壁も大きいんやけど、やり始めてからもあまり面白くない。これは、モチベーションコントロールをしっかり考えない限りどうしようもない問題ですな。


8月15日(金) いらんことしたー!!

今日はCre-Pa!Day

ってことで、夏休みも終盤にさしかかって来て、Cre-Pa!製作が全然進んでいないことに気づく。流石にこれはやばいなってことで、「今日は運動も英語もBlogもいらんから、Cre-pa!製作に全精力をつぎ込むぞ!」ってことで、ひたすら構築作業。

まずはDBを構築して、前日に洗い出したCreator系機能の作り込みを開始・・・

・・・・

・・・・・


久しぶりやから全然勝手がわからんくなってるw

ということで、悪戦苦闘しながら1機能は実装完了。うーん。生産性が悪すぎる。とりあえず、今は体を慣らすことが先決やと思って、ひたすら構築作業をしました。

作業進捗自体は思わしくなかったけど、全体的に感覚が取り戻せたので良しとしよう。

あと、DBの再構築を行っている間にBlogを一本エントリー「インプット/アウトプットの技術−効率が10倍アップする新・知的生産術より

8月16日(土) & 8月17日(日)

この二日間は諸々の理由があって、作業等々できずです。
(とりあえず、彼女が資格の勉強をしている間にBlogエントリー 笑)
posted by beck at 18:39 | ☁ | Comments | TrackBack(0) | 個人的日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月15日

インプット/アウトプットの技術−効率が10倍アップする新・知的生産術より

前回は「本質を見極める能力」についてエントリーしました。今回はその続きで「インプットの技術」と「アウトプットの技術」について書きたいと思います。

効率が10倍アップする新・知的生産術―自分をグーグル化する方法
著者:勝間和代
発売元: ダイヤモンド社
価格: ¥ 1,575
発売日: 2007/12/14
おすすめ度 4.0









全体の構成は以下の様な感じです。
  1. 本質を見極める技術(前回エントリー
  2. インプットの技術
  3. アウトプットの技術
  4. 生活習慣の技術
  5. 人脈作りの技術
  6. 上記5つの技術を実践するための行動
今回は2、3について記述したいと思います。
尚、前回も書いたとおり、このエントリーでは本書の内容について記述するものではなく、本書から得た”気づき”やそこから行っている”行動”について記述しています。本書の内容について知りたい場合は、他の書評サイト等をご参照下さい。


2.インプットの技術

ちょっと印象的だったのは「フォトリーディング」「マインドマップ」「親指シフト」などのテクニックを”inputのためのOSとしてインストール”という記述ですね。本来はインプットの技術という観点でどのテクニックを身につけるべきかを考えるべきなのですが、得てして”流行のメソッドだから”と飛びついてしまうこともままあります。反省反省。

さて、ここからが本題。

特に印象的だったのは、個人的に最近のテーマである「メモやノートの整理」「デジタル・アナログの使い分け」に関する記述と、「空・雨・傘」です。

メモやノートの整理/デジタル・アナログの使い分け


個人的に紙デバイスが手放せない理由はだいたい下記の通り

  • 紙の方が手軽だし、持ち運びも楽だし、電気もいらない
    (やっぱり予定やタスク管理は紙でやりたいなぁ・・っと)
  • アイデア出しは基本的に手を動かしながらやりたい
    (アイデアマラソン、マインドマップ等々。PCでもできなくはない。)
  • 人から聞いた話をメモしたり、思いついたことをとっさにメモしたい
    (四六時中PCが手元にあるわけではない。)
  • 一覧性に富んでおり、可読性が高い

逆に情報をPCに入れて置くと便利な点は本書でも度々言われていたとおり

  • どれだけデータが増えても物理的にかさばらない
  • 手書きよりも早く書ける(議事取りなど)
  • 検索やタグ付けでの管理が可能
  • データの使い回しが用意(コピペ万歳!)

紙に書いた情報はシステム手帳にでも入れて毎日眺めるか、頑張って整理して検索用の台帳でもつくらない限り、二度と日の目を見ることのない可能性があるわけです。かといって、紙で書いたモノを全てデジタルデータに打ち直したり、書き直したりすることがいいかと言われれば、

めんどくさいこと、この上なし

なわけです。でもなぁ、情報を探すときは全てPCから検索をかければいいって形の方が便利なんだよなぁって思案していたところ、この本にヒントが隠されていました。

要するに、スキャナで取り込んで、OCRかけて、キーワードだけひっかかる程度に読み取りされていれば問題なしって発想。後は、検索にひっかかった画像を直接見ればいいじゃんってことです。まぁ、言われてみればたいしたことないかも知れませんが、かなり実用的なHACKですね。(ちなみにMVペンデジタルペンでも似たような使い方はできると思います。)

個人的には取り外し可能なバインダー式ノートを使用して、ドキュメントスキャナ(両面読み込み可能なもの)と組み合わせることで、PCへの取り込み作業はかなり省力化されると考えています。後は、お馬鹿でもいいのでOCRに読みこませて、キーワードだけしっかり見直せばOKです。


もう一点、これは本書とは全く関係ないんだけど、ここにEVERNOTEが入ってくるともう一歩面白いことになるわけです。EVERNOTEのいいところは

  • メモも画像もWEBクリップも全部タグ付け管理できる。
  • サーバ経由で複数環境がシンクするので、自宅、職場、モバイルなどの複数環境で同じメモを、しかも使い勝手の良い専用クライアントから閲覧・編集可能。
  • Win、Mac、iPhone、WindowsMobileなどマルチプラットフォームに専用クライアントが用意されている。

ただし・・・一個だけ問題があって、EVERNOTEの有料アカウントと無料アカウントの双方とも、月にアップロードできる容量が決まっていると言うこと。hmm。プレミアムだとしても500MB/月は自分のあらゆる情報(スキャンされたノート画像など)をアップロードするにはちょっとすくないかもなー。年間45ドルは決して安くないし。。

 無料アカウント
(40MB/月)    
Premiumアカウント
(500MB/月)
 テキストメモ    20,000250,000
 写メ4005000
 WEBクリップ2703,300
 オーディオ40450
 高画質写真11150
 無料$5/月 or $45/月

逆にメモだけなら別に40MBでも問題ないし、本当にモバイル・自宅・PCなどで共有したいモノ以外はローカルで使用する設定にしておくなんてこともできるわけです。だから、タグ付けされたノートの画像なんかは全部ローカル環境で使えればいいと割り切ってしまうのも手です。

大事なことは「集中管理」「タグ付けによる整理」が紙デバイスでも可能にのるところですし、それによって忘れ去られる運命にあった数々の記録が、いつでも引っ張り出せるようになるところに価値があるわけです。ちなみにこれはEVERNOTEじゃなくても、画像やWEBクリップなんかにタグ付けができる仕組みであればなんでもいいと思います。

あと、勝間氏も本書でおっしゃっていましたが、Googleデスクトップ大先生であれば、メールからOffice文書、ZIPファイルの中身まで全て検索してくれます。EVERNOTEの中身までは流石に検索してくれませんが、この2つを組み合わせれば自分を取り巻くノート、メモの類はかなり管理できんじゃないかなーっと、密かに考えています。

空・雨・傘
  1. 空が曇ってきた (事実)
  2. 雨が降りそうだ  (解釈)
  3. 傘が必要だな  (行動)
ってな具合で、情報をinputする際にはその情報がどれに分類されるのかをしっかり考えましょう、というお話です。特に人に情報を伝達するときに意識すると良さそうです。


3.アウトプットの技術


アウトプットの技術の章では6つの要素技術が紹介されているのですが、その中でも特に印象的だったのが「情報の絞り込み、軸の発見」と「ブログに統合して発信する」ですね。

情報の絞り込み、軸の発見

誰かに情報を伝えようとしたとき、簡略化、階層化、フレームワーク化を行うことでより情報の伝達がスムーズにいくようになるという話。ざっとまとめると以下の様な感じ
  1. 情報を本当に大事なところまで絞り込むことでわかりやすくする
  2. 情報を整理・分類することで、受け手の情報アクセスを容易にする
  3. 情報をフレームワークに落とし込むことで全体像を把握出来るようにする
1は言わずもがな、できるだけ余分な情報を省く方が、本当に伝えたいことが伝わりやすくなりますね。2では、情報を意味の固まりに分けたり、前後関係を持たせることで意味連携を取るところがミソだと思います。受け手が読み返したり、参照したりするときの道筋を作る感じですね。3のフレームワーク化のメリットは前回書いたとおり。全体像をつかむことが出来れば、情報の理解が格段にスムーズになります。

本書の内容ではないのですが、ロジカルシンキングのフレームワークの一つ「三角ロジック」なんかは文章を巧く構成できない人にお勧めです。「主張」「データ」「論拠」の三つで文章や資料を構成する方法なのですが・・・例を挙げると
主張:iPhoneにはおサイフケータイがついていないがそれでも売れる
データ:A社の調査によるとおサイフケータイの利用率は2割
論拠:A社の調査はかなり正確だ

では、データと論拠でひとまとめに「根拠」とか「理由」と表現したりもします。元来、主張と理由は一対で、さらに理由には「客観的データ」と「それを主張に結びつける論拠」が必要なのです。ちなみに、その論拠がどの程度確かなのかというのを更に説明するとより論理が強固になります。
主張:A社の調査はかなり正確だ
データ:A社は1000人を無作為抽出して統計分析を行っている
論拠:1000人からデータを取ることで「95%確からしい」結果が得られる

ちなみに、例はかなり適当なので、あまり気にしないで下さい。

三角ロジックについて、詳しくはこのホームページをご覧下さい。
http://www.logicalskill.co.jp/logical/triangle.html


ブログに統合して発信

えっと、僕が最近まじめにBlogでアウトプットを出しているのも、実はこの本がきっかけだったりします。

これまで私自身の実感として、inputされた情報や考えたことを頭のなかにとどめているだけでは中々身にならないという想いがありました。そこで、自分の言葉で人に説明するためには、そのことを十分に理解している必要があるというのを逆手にとって、積極的にアウトプットしていくことで理解を進める作戦に打って出たわけです。

また、後でこのBlogを読み返すと、自分が過去に考えていたことや、その時にまとめた考え方などを参照できるので、結構便利だったりします。(問題は、私の文章が拙く、全然まとまっていないところですが・・・)

そして、もう一点大きなメリットが、自分の興味分野や専門分野に関するBlogを書くことで、その道の方とお知り合いになるきっかけになります。Hacks For Creative Life!ではそうでもないですが、Creative For You!ではBlogがきっかけでお知り合いになった方が何人かいたりします。

別にBlogじゃなくったって、ノートにまとめるだけでも全然いいと思います。大切な事は、情報をインプットするだけでなく、思考、アウトプットを行うことでより理解を深めることですので。


以上、長くなりましたが、次回は最終回、「生活習慣/人脈作り」です。see you!
posted by beck at 12:19 | ☁ | Comments | TrackBack(0) | 読書/書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月14日

VisualStudio2008 Express SP1 & SQL Server 2008 Expressが公開!

私はWebプログラマーとしてはおそらくマイノリティーになるであろう、ASP.NET使いである。JavaやPHPがなんだかんだで盛んだし、流行はRuby on Railsの様なフレームワークなのではなかろうかと。

しかし、元VisualBasic使いとして、ASP.NETはなんだかんだで取っつきやすい。趣味でやってることぐらい、言語の仕組みやライブラリに関する調べものなどを気にせず、ちゃっちゃと創ってしまいたい。そんなわけで、未だにASP.NETから離れられずにいる。

そんな僕が久しぶりに興奮した出来事がこれだ。

Visual Studio 2008 Express Edition with SP1 の提供開始

厳密に言えば、これ自体は別にどーってことない出来事なのだ。
熱いのは、このSP1のVisual Web Developerをインストールすると、SQL Server 2008 Expressも同時にインストールされることだ。(.NET Framework3.5もSP1になる。)

残念ながら、2005の時と制約条件などは変わっていない。
  • 1CPU
  • 1GBメモリー
  • 4GBまでのユーザデータ

うーん。大規模なWebアプリを組むなら、Standardにするか、はたまたPostgresにでも乗り換えかなぁ・・。言うまでもなく、ASP.NETとの親和性はめちゃくちゃ高いので、できればこっちを使い続けたい。

ちなみに、2005→2008のデータ移行はインポートウィザードがついているので、それで行えば問題ない。ただ、今のところSQL Server Management Studio Express相当の管理ツールが見あたらないため、めちゃくちゃ不便。2005のSSMSは使えなかった、残念。

そんな僕は、とりあえず、データだけインポートしてしまい、後はVisual Web DeveloperのDB接続ツールからしこしこ操作することにした。早く2008対応のSSMSでないかなー。

posted by beck at 22:14 | ☁ | Comments | TrackBack(0) | IT関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

本質を見極める-技術効率が10倍アップする新・知的生産術より

今更な感じもしますが、勝間さんのベストセラー本の一冊「効率が10倍アップする新・知的生産術」から学ぶべきところが多かったので、紹介したいと思います。
効率が10倍アップする新・知的生産術―自分をグーグル化する方法
著者:勝間和代
発売元: ダイヤモンド社
価格: ¥ 1,575
発売日: 2007/12/14
おすすめ度 4.0









全体の構成は以下の様な感じです。
  1. 本質を見極める技術
  2. インプットの技術
  3. アウトプットの技術
  4. 生活習慣の技術
  5. 人脈作りの技術
  6. 上記5つの技術を実践するための行動
細かい内容は他の書評サイトや実際に本書を読んでもらうとして、個人的に”気づき”となり、実際に”行動”に落とし込むことを心がけていることにフォーカスして書きたいと思います。ちょっと長くなりそうなので、複数回に分けて書きたいと思います。まずは本質を見極める技術についてです。


1.本質を見極める技術

「フレームワーク力」「ディープスマート力」に関する記述が非常に印象的でした。

フレームワーク力

フレームワーク力とはすなわち「思考の枠組み」です。例えば、「起承転結」とか「戦略の3C」「マーケティングの4P」などが有名どころだと思います。他にも「オズボーンのチェックリスト」とかロジカルシンキングで言うところの「MECE」「So What?/Why So?」なんかもそうですね。

どう考えればいいかという引き出しを多く持っておけば、「どうしたらいいかわからない!!」と思考停止状態を防ぐことも出来ますし、やり方から考えるという時間の節約になります。また、きちんと整理された情報は他人に伝わりやすいことは言うまでもないでしょう。

大切な事は、自分が使いそうなフレームワークを多く仕入れ、普段からフレームワークを意識して物事を考え、フレームワークを意識した説明を心がけることだと思います。そういう基礎がしっかりできてくれば、今度はフレームワークを自分で構築することができるようになります。それはつまり、

未知の情報、状況に遭遇した際の”道を拓く”能力

を身につけるということだと個人的には解釈しています。実にCreativeな能力です。古きをたずねて、新しきを知る。まさに温故知新ですね。

ディープスマート力

ディープスマート力は一言で言えば「勘・直感」です。ただし、それは長年の経験や暗黙知の上に成り立つモノなのであり、高度に組み合わされたフレームワーク力の結晶とも取れるかも知れません。

暗黙知の共有が謳われてて久しいですが、本当に長年の経験からしか得られない「勘どころ」、つまりは”高度な脳の情報処理プロセス”は言葉や文章にして伝えられるものではないのです。その業務に関する知識を共有したり、テクニックを伝えることができても、それらを身につけ自分のモノ(=ディープスマート力)にするのは本人の努力次第といったところでしょうか。

次回はインプット/アウトプットの技術についてです。
posted by beck at 15:03 | ☁ | Comments | TrackBack(0) | 読書/書評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月13日

夏休みの報告書11日、12日(習慣付けトレーニング)

これまでの記録

8月11日(月) 何をやっていたのか不明な1日

運動   :NG。運動らしい運動せず。
英語   :NG。手つかず・・・
Cre-pa :一応OK。ネタ仕込み。
Blog   :
NG
アイデア :NG。がんばれ、俺。


なんかダルダルな1日でした。hmm。
とりあえず、午前はだらだらしてしまったので、午後はCreative For You!で紹介するクリエイターさんを探すことに・・・。「Blocksum」というゲームを発見し、あまりのおもしろさにひたすらはまってしまう・・・。ま、これで良いレビューがかけるはず・・・ということで。

その後、高校時代のバレー部の友だちから「俺らの代だけで使える掲示板みたいなの作ってよ。」という依頼を受けたので、とりあえず無料SNSサービスを開設。色々見比べて見るものの、結局全部OpnePNEベースのため、たいした差もなく、結局SonetSNSに決定。なんだか徒労感だけが残ったなぁ。

それから、Creative For You!で以前記事を書かせて頂いたmiocoさんから、自分が聞き損ねたインターネットラジオの録画版を送っていただき、それを聴いて一人テンションをあげる。いやー、改めてmiocoさんの歌声は素晴らしい!

で、最後にCre-Pa!サーバの設定を直して、無事テスト環境を復旧。ファイルがデグレってる気がするから、ダニーさんに最新版アップしてもらわないと。

そして、なんぞBlogでも書こうかと思いつつも眠気に襲われ落ちる。

8月12日(火) 反動の1日


運動   :Great!。計2時間半運動。
英語   :
OK。30分英語
Cre-pa :一応OK。クリエイターさんにメール送ったり、発掘したり
Blog   :
一応OKmixi日記だけは書いた。
アイデア :NG。アイデアが絞り出せず。


昨日があまりにもだめだめだった反動か、12日は朝からかなりとばしぎみ。ランニングにこそ行けなかったものの、すぐに1日の予定をフランクリンに書き込む。

その後、Creative For You!で紹介したいなと思ったクリエイターさんへメールを書き書き。その他、複数名の新たに紹介記事を書きたいと思った方を見つけたので、CreatorDB(チーム共有のクリエイターさんデータベース)に登録。うん、今日はいい感じだ。

で、そんなことをしている内に気がつけば夕方だったので、WiiFitをはじめたんだけど、気がつくと1時間プレー(プレー時間自体は1時間10分ぐらい)。新しいメニューがどんどん追加されるから、いつもよりやり込んでしまった・・・。ヨガ、筋トレ、燃焼系、バランスゲームのほぼ全てのメニューをこなしたところで気づく。

全然負荷がたんねーな。

ということで、なんだか調子づいた俺はビリーズブートキャンプを始める。腹筋プログラムで個人的に意味がないと思っている箇所をすっ飛ばしてやると、大体30分ぐらい。途中悶絶する箇所が3,4回あるから、そこは休み休みやって・・・だいたいトータルで40分ぐらい。

で、更に調子づいた俺は外に走りに行くことにした。だいたい5kmぐらいの距離を走って帰ってくる。途中で死ぬほど急な階段とか坂道とかがあるんだけど、そこは勿論猛ダッシュ。運動不足の体にはめちゃくちゃ効くというか、死ねます。

結局、なんだかんだでトータル2時間半の運動をこなし、体の悲鳴を久しぶりに聞く。普段どんだけ運動不足やねんって感じですな。やっぱ運動って気持ちいいね。


で、そんな僕は「こうなったら英語もやるしかないっしょ」ってな勢いで英語を勉強。面白くないが、そこは我慢。もう少しモチベーションをあげる何かが必要だなぁ・・・と実感しつつも30分は我慢。


後は適当にBlogの下書きをしたり、書きかけのメールを処理したり。
アイデア出しをしていないことを忘れていたけど、眠気には勝てず就寝。


うーん。なかなか習慣付けが全てOkにならないなぁ・・。
posted by beck at 14:20 | ☁ | Comments | TrackBack(0) | 個人的日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月11日

夏休みの報告書8日、9日、10日(習慣付けトレーニング)

いきなりですが、夏休みの初日~3日目(今日)までの報告書です。
詳しい経緯はこちら

まぁ、個人的に自分の戒めの為にやっておりますので・・・
適当に読み飛ばしてやってくださいまし。
評価の観点は以下のとおり

運動   :運動を1時間以上やったか?
英語   :英語の勉強を30分~1時間やったか?
Cre-pa :Cre-Pa!系の作業を1時間以上やったか?
Blog   :BlogやMixiに記事をアップしたか?
アイデア :アイデアマラソンや発想源をちゃんとしたか?


続きを読む
posted by beck at 01:50 | ☁ | Comments | TrackBack(0) | 勉強/スキルアップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月08日

夏休みの計画

今日から10日間の夏休みです。
今回は全くのノープラン。ずっと引きこもりです。

普段忙しくておざなりになっている部分を一気に動かして、
また日常に戻った時には最小限の労力で回せる状態を作ろうかなと。
後は夢に向けた活動にリソースを100%割り当てる、と。


夏休み中の目標はこんな感じ

  1. 習慣を定着させる
  2. Cre-Pa!の製作を一気に進める
  3. 体重を2kg落とす
  4. 価値観、目標の洗い出し
  5. このBlogやCreative For You!のネタ集め、原稿書き


もう少しブレイクダウンをすると・・・

続きを読む
posted by beck at 11:41 | ☀ | Comments | TrackBack(0) | 勉強/スキルアップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月06日

Wii Fitはダイエットの救世主となるか?

目標体重:63.0kg
目標までの残り:-5.4kg
[ダイエットグラフ表示]
一回目測定
体重:68.4kg
体脂肪率:17.4%
BMI:25.1
食事
朝食
食パン+とろけるチーズ
昼食
豚キムチ定食
夕食
チキンラーメンw
今日は2週間ぶりにWii Fitをやってみた。

せっかく友人から借りたのにお蔵入りはもったいなすぎるので・・・


2週間前と比べて体重は1kg増(汗

とりあえず、今日は初期でプレーできるゲームを一通りやってみた。
トータルで40分程度。プレイ時間が1時間ぐらいであることを考えると、
ちょっと無駄な時間が多い気もする・・・

しばらくやり進めれば、筋トレの回数やゲームのプレイ時間を延ばすことが
できるので、そこまでは我慢、我慢。
ヨガとか、全部のメニューを通しでやってくれたらいいのになぁ・・・

全体的に負荷が低めなので、自前で筋トレをして、補強しよう。
水曜以外の平日の夜は流石にWii Fitをやる時間もないから筋トレだけは
欠かさずやるようにしないとなんだけど、なかなか。
(ちなみに、筋トレの項目だけ「筋肉大王」の称号・・・なんでやねんw)

目標は
平日夜→腕立て50回、足上げ腹筋2分、背筋50回、空気いす2分、かかと上げ100回/片足
      (全部で15分〜20分程度)
早い日→Wii Fit 1時間+筋トレ
休日 →マシントレーニング+ランニング or Wii Fit 1時間


後は飯にさえ気をつければ、自然とやせるでしょー・・・ってことで
ここ3ヶ月ぐらい停滞気味の体を再度引き締めに掛かります。

夏休み期間(8日〜17日)は、毎日1時間以上の運動をノルマに頑張ろう。

夏の一人合宿→体重2kg減目標

posted by beck at 23:52 | ☀ | 好調好調 | Comments | TrackBack(0) | Health Hack! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

iPhone料金プランの2段階定額制

NIKKEI TRENDY NET記事
【iPhone料金を斬る!】iPhone 3Gの料金値下げは「大英断」、ユーザーにとって不利な点は一切ナシ!



Softbankがパケット定額を2段階式にしたようです。記事によると
iPhone 3Gでは、パケット使い放題の「パケット定額フル」への加入が強制になっている。8月4日以前のパケット定額フルは、毎月5985円の固定料金だったが、
8月分から最低月額が1695円、上限が5985円の2段階定額制になる。つまり、最低月額料金が約4000円も安くなるのだ。
とのことで、記事のタイトルはちょっときわどい表現ではあるものの、Softbankの行った施策が、これまた思い切ったものであることに違いはありません(※)。とりあえず、これで少しは顧客の間口が広がるんじゃないかなと思います。

パケットを全然使わずにiPhoneで楽しむっていうのは、なかなか難しいかも知れませんが・・・


ちなみに、これで端末の割賦料金を含めて特別割引を差し引いたiPhone 8GBの最低月額は「3950円」です。16GBは「4430円」。iPhoneの料金プランが発表された後に論争を巻き起こした所にすかさず対応するあたりはSoftbankの美点だよな。他のキャリアも追随するんだろうか(^^)

その内、おサイフケータイ&ワンセグもつけちゃうんじゃないかな(笑
(拡張ポート使えばできんじゃないかな??SDK見ないとわからんけど)

後1年今使っている911Tの割賦が残っている僕としては、指をくわえて見ていることしかできない現状は辛い限りです・・・。思い切って買っちゃうかな−。いやー、その内32GBモデルがでるだろうから、それをまつか・・・はたまた来年の7月にはまた新型モデルが出るだろうから、それにするか・・・。


※なんで思い切ってるかっていうと、これでパケット通信を支えるために必要な設備投資の予測が凄くたてづらくなったから・・・と個人的には思っています。品質確保できるのかなw ARPUも下がるだろうけど、そこんところは機会損失の回避と考えれば決して悪いことではないかなと。

【過去のiPhone系の記事】

iPhoneが端末販売台数キャリア総合1位

iPhone当日分が完売!?

iPhone料金に関する考察2

iPhoneの料金プランに関する考察

iPhone日本版のサイト公開
posted by beck at 07:50 | ☁ | Comments | TrackBack(0) | IT関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月04日

手帳、ノート、メモの使い分けについて真剣に考える

フランクリンをまじめに使い出してからそろそろ2ヶ月だけど、ちょっと手帳とノートとメモ帳などの使い分けが難しいなと感じだしたので、ここで整理しておこう。Beck的ノート術・・・と言えば聞こえがいいが、まだまだ試行錯誤中。

基本的な使い分けは以前も書いたとおり
フランクリン・プランナー → スケジュール、TODO、目標、価値観、○○リスト
A5ノート          → アイデアマラソン、アイデアノート、通常ノート


DCF_0119.JPG


なんだけど、実はこれだけじゃなくて

RODHIA、Postit      →  ちょっとしたメモ、読書メモ
PC(Googleカレンダー等) → スケジュール(紙から転記)、TODO、議事録等
PC(ソーシャルブクマなど) → 自分が情報源としているWebサイト


となっている。例えば、満員電車ではとてもじゃないけどフランクリン・プランナーもA5ノートも開けない。RHODIAの一番小さい奴であれば、ちょっとした思いつきをさっとおじさんの背中で書くことも可能だ。後でそれをフランクリンなりA5ノートなりに転記すれば良いので、結構重宝する。メモはさっさと切り離してフランクリンのポケットファスナーに入れておく。転記が済めばさようならだ。読書メモにはそれとは別に中ぐらいのPOST ITを本の一番後ろに貼り付けている。

DCF_0120.JPGDCF_0121.JPGDCF_0122.JPG

続きを読む
posted by beck at 01:50 | 🌁 | Comments | TrackBack(0) | Life hacks(主としてIT系) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。