【ご注意ください!】
Hacks for Creative Life!は引っ越しました。本サイトの更新は今後行われません。
今後はこちらのサイト(http://hacks.beck1240.com/)にて更新を継続いたします。

お手数ですが、RSSおよびブックマークの変更をお願いいたします。

また、Blogを書く場所を引っ越しはいたしましたが、今後とも更新は継続して行って参りますので、
これまでと変わらぬご愛顧の程よろしくお願いいたします。

201005020033.jpg
Hacks for Creative Life!管理人Beck

2008年09月29日

来年の手帳を悩み中・・・

来年の手帳をどうしようか悩み中。
基本的にフランクリン・プランナーであることに代わりはないのだけど、
今のフランクリン+A5ノート併用というのが、今一なんだかしっくりこない。

何故か?
・デイリーのフランクリンだとスケジュールの全体感がつかめない
 (でも、デイリーの方がその日1日のタスクややるべきことに集中しやすい)
・A5ノートを分けると、なんだか開く頻度が落ちたような。
・なんだかんだで情報が分散している気がしてならない
・やっぱりクラシックサイズは出先で気軽に開けない。



現在の手帳・ノート・メモの使い分けは以下の通り

フランクリン・プランナー → スケジュール、TODO、目標、価値観、○○リスト、
                  メモ(アイデア・タスク等々)、活動記録
A5ノート          → アイデアマラソン、アイデアノート、Cre-Pa!系
大学ノート         → 仕事で考えをまとめるためのノート(落書き帳)
RHODIA         → アイデアをぽっと思いついた時のメモ用後で書き写す
Evernote         → 仕事では議事録やメモは全てこれで記録
                  プライベートではBlogネタなどをここに記録


何というか、もう少し体系立てて使いたい。
イメージ的には、フランクリン・プランナーを旗艦に、Evernoteを集積地に・・・
という形が理想なのだが。大学ノートは落書きなのでどうでもいいし、RHODIAは
一定の基準を設けて運用すればいいはず。。

問題は結局フランクリン・プランナーとA5ノートなのだ。

案は3つほどあって

1.フランクリン・プランナーのスケジュール管理機能を補強するために、軽い小さな
 週間バーチカル式の手帳を導入
する。これだと、予定の確認がさっとできるし、一週間
 の予定も把握しやすい。しかし、これ以上ノートの数は増やしたくないのも事実。

2.フランクリン・プランナーをウィークリーに変更するという案もある。メリットは
 言わずもがな一週間の予定の把握が楽になり週間でタスクが管理できる
 また、ノートの追加が自由に出来るため、例えば1週間のプライベートノート
 仕事ノート、 アイデアノートなどをあらかじめ用意し、足りなくなれば適宜追加する
 という運用法が取れる。
 デメリットは1日単位でのタスクの把握行動記録が取りづらくなること。

3.今まで通り、予定やその日の行動記録はフランクリン・プランナーを用い、アイデア
 やらCre-pa!に関することなどは全てA5ノートに集約する。ウィークリーは面倒
 でもGoogleカレンダーに予定を打ち込んで適宜PCの画面から確認
する。
 ケータイからバーチカルな予定表を見ることができればよいのだが。


2は運用スタイルとしては魅力的だけど、その日やるべき事に集中できなさそうだし。。
全部フランクリン・プランナーに統一するという手もあるんだけど、せっかく軽量化したのに、
またあの重たくて分厚いオリジナルバインダーに戻るのもやだしなぁ・・あぁ悩ましや。

今はまだないけど、ドキュメントスキャナーを購入したら、全部ノート/手帳類はまとめて
スキャンしてしまって、PCorインターネット上に保管する予定。EVERNOTEの有料プランが
もう少し容量制限を緩和してくれれば、全てEvernoteで管理したいところ。
その時の管理形態を考えると、やっぱり今の形が一番いい気もするしなぁ・・・


うーん。後3ヶ月あるから、どうするかゆっくり考えるかな。
 


posted by beck at 02:13 | ☔ | Comments | TrackBack(0) | 手帳/メモ/ノート術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月27日

Softbankとdocomoのフェムトセル戦略についての考察

IT Media記事
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0809/24/news009.html


9月22日、NECが報道発表した”ソフトバンクモバイル向けフェムトセルシステム受注
は、一部の業界関係者にはとてつもなくインパクトのあるニュースだった。


これまでの経緯

元々、SBMがフェムトセルに乗り気だったことは過去の経緯からも周知の事実だった。

参考記事
http://k-tai.impress.co.jp/cda/article/news_toppage/35292.html
http://japan.cnet.com/mobile/story/0,3800078151,20352063,00.htm


ソフトバンクモバイル取締役専務執行役員兼CTOの宮川潤一氏による、一連の
プロモーション活動(?)によって、Softbankはフェムトセルサービスの先駆者
というイメージをここ1年半ぐらいで築き上げてきた。

そして、その結果「ソフトバンク、来年1月にフェムトセル商用化」という発表を
行うところまでこぎ着けたわけだが、これはもの凄いことだ。


Softbankの発表のすごいところ

実はサービスを開始するに当たって課題となっている
関連法案(電波法、電気通信事業者法)の改正自体はまだ最終決定が
下されていない。
(勿論、大まかな方針は出ている。総務省のHPを参照。)

この10月にお目見えするというのが大方の見方なのだが、そこから
2ヶ月でSoftbankは商用システムおよび業務を整えるというのだ
・・・恐ろしい。


今回の報道発表にあった、NECのフェムトセルシステム自体は既に出来上がって
いるというのが大方の見方である。iPhoneをSoftbankが出すと発表したのが
発売の1ヶ月前だったのと同じく、極秘裏に進めていたものをゲリラ的に発表した

実際の所、Iub over型のdocomoに関して言えば、インターネット網経由で
自社網に接続するためのGWを用意すればいいだけなので、Softbankほどの
設備投資は必要ない。しかしながら、商用サービスはSoftbankが一足先に始める
ことになった。


Iub Over型とIMS型の違い

つまり、docomoとSoftbankの違いなのだが・・・完結に違いを述べると

Softbank(IMS型)
フェムトセル専用のコアネットワークを構築する。
要するに、インターネットプロバイダーなどが提供しているIP電話と同じ設備を
新規に構築して、それを既存コア網と連携させる形を取る。実は3G無線を使った
IP電話なのだ。。。ひかり電話などの既存固定網の番号を050と置き換えて利用
できるのと同じ仕組みで、090や080の番号を050と置き換えていると考えられる。
メリット
・既存網側へ負荷が掛からない
・将来、ブロードバンド、固定電話、携帯電話などをIMSコアで統一できる。
 (Yahoo!BB、Softbank Telecom、SoftBank Mobileを同一NW化)
・SDP(IMS上でサービスを行うための基盤)を用いてサービス展開が可能。

デメリット
・システムへの投資額がかなり大きくなる
・既存網内でしか使えないサービスは使えなくなる




docomo(Iub Over型)

フェムトセルはインターネット経由でドコモ網に接続し、RNCに直結する。
(つまり、普通の基地局装置と同じように呼制御する装置につなげる)
その為、インターネットからドコモ網に接続するためのGWだけを新設するだけでよく、

メリット
・サービスを始めるために必要な投資はかなり少なく済む

・今現在行われているサービスは全てそのまま利用が可能となる。
デメリット
・フェムトセルが爆発的に普及した場合、既存設備への負荷も爆発的に増える。


考察

要するに、この違いは両社の立場の違いがあるとも考えられる。


両社の違いはアプローチの差でしかなくて、
既存網に追加してから、既存網をIMS網に変えていく(docomo)のか、
将来を見据えてIMS網で構築しておき、将来的に統合する(softbank)
の違いしかない。
(実際、Iub Over型ではSDPの恩恵にあずかれない・・・わけではないので。)

細かいことを言えば、Softbankのフェムトセルではオーバーロード
(インターネットへのアクセスはブロードバンド回線側に逃がす)が可能
などという違いはあるけれど、それは些細な違いでしかない。


実際の所は、使える電波が2Ghz帯しかないためエリアカバー率で劣る
Softbankにとってはフェムトセルの導入が急務
であったこと、
しかしながら、Softbankのコア網は爆発的なフェムトセルの増加には
耐えられない、
などの事情があったのだとも思う。
(Softbankがつながりにくいと言いたいわけではなく、電波特性上800Mhzも
 使えるdocomoやauの方がどうしても物陰や屋内でつながりやすくなるのだ。
 かくいう私もSoftbankユーザであり、別段不満はない。)


また、短期的に見れば、フェムトセルをキーデバイスにしたサービスには
差がでることも確かだ。Softbankは公約通り、フェムトセルホームサーバ
を用いた様々なサービスを打ち出す
だろう。
これは、Iub over型を採用するdocomoにはちょっと真似しづらい戦略だ。

(装置特性上、とでもいいますか。Iub Over型のフェムトセルは要するに
 ちゃんとした基地局の顔つきをしないといけなくなるため。あくまで推察。)

しかし、上記に書いたとおり、長期的には大きな違いはないのだ。
Super3Gがドコモの主力サービスに育つ頃には、必然的にドコモの
コア網はIMSコアになっているのだから。


どちらかと言えば、来年1月からサービスを始めるSoftbankに対し、
docomoがどこまでサービス開始時期(もしくは大規模トライアル)を
早められるか
の方が重要になる。
docomoにとって、実はフェムトセル自体はそれほど重要ではない
(なんせ、人工カバー率は公称100%なのだから。)という背景もあるが、
半年も遅れれば、Softbankに先行者益を大幅に刈り取られるだろう。
というか、イメージ的な”技術的敗北感”がぬぐえなくなってしまうだろう。


また、既に”無料で配る”という形が有力視されるSoftbankのフェムトセル
に対して、docomoのフェムトセルはどの程度の値付けがされるのか?
また、お互いのサービスの違いは?ランニングコストは?
など、まだまだ予断
は許さない状況である。しかしながら、これだけは言える

Softbankが明らかに魅力的なサービス内容と利用料を整えてきた場合
docomoは何ヶ月かはそれに対する有効な手が打てない上、遅れてそれに
追随することになる
・・・ということだ。
逆にdocomo的には次の端末からWLANを標準搭載にして、ホームUを全面に
押し出すという手もある。907iでのWLAN搭載端末に期待だ。


今後のフェムトセルを含むインドアソリューションからは目が離せない。


posted by beck at 17:54 | ☔ | Comments | TrackBack(1) | Mobile系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

モバイルに関する記事カテゴリ追加

前々から考えていたんだけど、腐ってもMobile系の技術を扱う
システム屋を本職としている身として、もう少し自分の知見を広げる
目的も含めてMobile系記事をこのBlogのコンテンツにしていきたい。

主たるお題は「次世代通信」と「フェムトセル」、「ホームサービス」、
iPhone」をはじめとする「スマートフォン」という所かな。
本気でITU-Tがどーとか、eTOMが・・・とか書いてもいいんだけど、
そうすると自分の記事が職場の人に発見されかねない(笑)

最近熱いのはNECが発表したSBM向けフェムトセルシステム受注
話なので、次はそのネタで一本書いてみたいと思う。

ついでに「仕事術」というカテゴリも追加。主たるお題は「論理思考」や
プレゼンテーションスキル」「コーチング」「時間管理術」などなど。
いわゆるビジネス書で語られる様な部分ですな。

Lifehackとの棲み分けとしては具体的なノウハウやテクニックを
紹介するのがLifehack
で、仕事術はもう少し概念的なお話になるかと。

どちらにしても、自分の学習したことや考えたことのアウトプットを行う
ことが目的であることに違いはないということで。。


最近サボり気味なので、また気合い入れて記事書きたいと思います。
posted by beck at 16:33 | ☔ | Comments | TrackBack(0) | Mobile系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月24日

合宿終了

昨日も書いたとおり、今日は相棒ダニーさんと一緒にCre-Pa!製作合宿をした。
合宿といいつつも、12時過ぎから21時までひたすら製作に没頭してただけなんだけど。。

個々に作業をするよりもやっぱり進みが早い。
協議したいことがすぐその場でできるとか、何かで躓いた時にも解決が早い。

毎週でも集まって作業ができればいいんだけど、流石に新婚のダニーさんと、
結婚間近のベックがお互い彼女さんをほったらかしというのはよろしくない。。。

今日一日で、ダニーさんはデザイン周りを、ベっくは作品登録機能周りをかなり進める。
その他、フォルダ構成や、動作に関する意識合わせ等々、成果は大


改めて思うことは、手を動かして、試行錯誤でシステムを創りあげていく作業は面白い。
ちゃんと動作するようになるまでは苦労の連続ではあるけど、頭をフル回転させて、
プログラムを書き、ちゃんと動作するように作り上げられたときは、快感の一言。


自分たちでアイデアを出し、システムとして形にし、インターネットで世界に働きかける。

色々なスタイルがあると思うが、自分たちにとってはこの形が一番しっくりくる。
まずは年内β版公開を目指し、頑張りたい。全てはそこからはじまる。

システムの完成度は50%ぐらいかもしれないけど、自分たちのやりたいことはまだ
1%も実現できていないと思うので。
タグ:起業 Cre-Pa! web
posted by beck at 01:52 | ☔ | Comments | TrackBack(0) | 起業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月23日

Cre-Pa!強化週間

Cre-Pa!強化週間と銘打って、
WEBサイト「Cre-Pa!」の製作に全リソースを集中しています。

遅々として進まぬ進捗具合にさすがにやばいと考え、寝ても覚めてもCre-Pa!です。
電車の中で画面のラフを書いたり、機能の洗い出しをしたり・・・うむ、いい感じ。

9月中にα版をリリースしたかったのだけど、ちょっと今の進捗じゃ難しいかな。。
とはいえ、今年中にはSTEP1部(β版)リリースは絶対に達成すべし!!

明日は相棒ダニーさんと1日自分の家にこもって作業します。

・・・というわけで、最近Blogをさぼり気味な僕の近況報告でした。
タグ:起業 Cre-Pa!
posted by beck at 01:30 | ☔ | Comments | TrackBack(0) | 起業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月18日

友人の結婚式DVD作成完了!

ここ2週間ぐらい、7月末にあった友人の結婚式のDVDを作っていた。

2時間少々のビデオの編集は、それだけでけでも相当な時間を要する。
それを2枚のDVDにまとめ、おまけにデジカメ写真のスライドショーを作り、
更にはDVDのラベルやジャケットのデザインも行った。

最後にはそれを20枚のDVDに焼いて、ラベルを印刷して、ジャケットを
印刷して、組み立てる作業がある・・・これが結構時間が掛かる。

そんなこんなで完成した力作がこれだ
2008_08310121.JPG

もう少しセンスがあればなぁ・・って思う今日この頃。
こんなんで喜んで貰えるかなー。


ちなみに、DVD編集はUlead DVD Movie Writer for TOSHIBAを
使ったのだが・・・なんか特定の映像をタイトル映像にしようとすると
動作が停止するんだよなぁ・・・パッチとか提供されてないし、どうしたもんか。

しかしまぁ、時間がかかった・・・。
これでやっとCre-Pa!作業に集中できるぜい!!

タグ:DVD 創作 結婚式
posted by beck at 01:05 | ☔ | Comments | TrackBack(0) | 個人的日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月16日

リーマンブラザーズ破綻

エライことになりました。

3月に実質上経営が破綻したベア・スターンズに次いで、
リーマンブラザーズの経営が破綻し、破産申請を行いました


ベア・スターンズは先日アメリカ政府による救済措置が発表されたばかりですが、
リーマンブラザーズには、救済措置はとられない・・・とのことです。

理由としては、”政府による救済措置の線引きのため”で、
サブプライムローンで大幅に損失を出し、経営危機に陥っている企業を
無制限に救済するわけではないという・・・という姿勢の表明だそうです。


投資銀行5位のベア・スターンズと4位のリーマンブラザーズが共に破綻、
急遽3位のメリル・リンチがバンクオブアメリカに救済合併を発表。

アメリカの金融業界が再編への道を歩み出した・・という感じでしょうか。

1997年、山一証券の経営破綻からはじまった日本の金融不安様相が似ています。
その後、ポコポコと都銀が合併を繰り返して、メガバンクが登場してきたことは、
記憶に新しいですね。(三井住友、東京三菱UFJ、みずほ・・・)


リーマンブラザーズは1850年代から続く老舗中の老舗で、
世界恐慌をはじめとして、様々な金融危機を乗り切ってきた企業です。
過去、危機的状況に陥ったこともありましたが、見事に復活を遂げました。

うがった見方、おおげさな言い方をすれば、サブプライム問題に端を発した金融不安は、
世界恐慌にも匹敵するダメージを世界の金融機関に与えた・・・ということでしょうか。
(あまり煽るようなものいいが良くないとは思いますが・・。)


このニュースを受けて、ダウ平均は-500ドルと大荒れの展開を見せています。
外国為替市場でも、再びドルが一方的に売られる展開を見せています。

サブプライム問題による一連の金融不安の中で、ダウ平均自体は高値14000ドルから
11000ドルの下落にとどまっていますが、実際にドルの下落分もあわせれば、もう少し
見え方も変わってくると思います。
(円換算で考えるなら、120円→105円。170万円が120万円に下がったイメージ。
 株価は20%の下落だが、ドルの下落分もあわせると30%程度)


今後もしばらくは混迷が続きそうですが、この出来事がきっかけで、更なる金融恐慌を
引き起こさないことを祈るのみです。アメリカをはじめ、世界の政府・金融機関が連携をとり、
なんとか負の連鎖を断ち切って欲しいものです。

posted by beck at 05:34 | ☔ | Comments | TrackBack(0) | 投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月14日

FinePix Z200fd購入

FinePix Z200fdを購入した。
 
用途は式場見学の撮影用。

来年の秋以降に結婚式を挙げる予定で、2ヶ月ぐらいかけて式場めぐりをする予定。
その時々に式場を撮影しておいて見比べるたいと思っている。
 

もちろん、思い出をきれいに残したいのは当然のこと。
カメラの腕はからっきしなので、それなりに賢い機能がついていて欲しかった。

よって、条件としては以下の通り

1.操作が簡単であること
2.それなりにきれいに撮れる
3.手振れ補正有り
4.フェイスキャッチは欲しいよね
5.薄くて軽い
6.やっぱ安いほうがイイ!
 

本当は2万そこそこのカメラを買う予定だったのだが、彼女さんの意向によりさっくり「FinePix Z200fd」に決まる。28500円也。ポイントは13%なので、3705ptゲット。2GBのSDカードを購入する。

で、その実力の程は・・・

 
2008_08310035.JPG 2008_08310037.JPG

 

こんな感じです。(クリックすれば実物大で表示できます。)
ちなみに場所はコンチネンタルホテル横浜。


・・・・まぁ、腕が悪い

2008_08310089.JPG 2008_08310104.JPG

日本大通りとみなとみらいの屋外写真。
歩きながらスナップをオートで撮ってみるの図です。

元々ナチュラルな発色で評判なフジフィルムのデジカメですが、
評判通り・・というところでしょうか。

せっかくなので、今後もBlogのネタに写真を撮りまくろう♪
どうすればうまく取れるのか研究しなきゃだ。
posted by beck at 22:46 | ☔ | Comments | TrackBack(0) | IT関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月13日

将来への不安

最近忙しかったのと、ちょっと色々と考えさせられることがあったので
blogの更新が滞っておりました。。。

自分の将来とか、夢とか、強みとかとか。
色々考えてるとちょっぴり凹んできたというか、不安に苛まれてしまって(^^;


よく人からは「おまえは悩みがなさそうでいいな」と言われるんだけど・・・
なんというか、陽気なマイナス思考なのですよ、僕は。


今読んでいる本が「さぁ、才能にめざめよう!」って本なんだけど読んでて
なんだか真剣に自分のこれからを考えさせられてしまった。
その前に読んでた「ウェブ時代 5つの定理 」、さらにその前の「夢をかなえるゾウ」にも
共通することなんだけど・・・

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かす ウェブ時代 5つの定理 この言葉が未来を切り開く! 夢をかなえるゾウ


続きを読む!!!
タグ:将来 不安
posted by beck at 23:28 | ☔ | Comments | TrackBack(1) | 勉強/スキルアップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月01日

8月の記事振り返り

ついに8月が終わってしまいました。

この8月はたぶん過去一番BLOGを書いた気がします
その甲斐あってか、アクセス数的にも過去最高を記録

今回はそんな8月を通してアクセス数が多かった記事について振り返りを行ってみたいと思います。

 1位:手帳、ノート、メモの使い分けについて真剣に考える
 2位:iPhone料金プランの2段階定額制
 3位:VisualStudio2008 Express SP1 & SQL Server 2008 Expressが公開!
 4位:夏休みの計画
 5位:フランクリン・プランナー再入門
 6位:夏休みの報告書8日、9日、10日(習慣付けトレーニング) 
 7位:セルフモチベーションコントロール
 8位:iPhone料金に関する考察2
 9位:
Wii Fitはダイエットの救世主となるか?
10位:iPhoneの料金プランに関する考察
11位:夏休みの報告書11日、12日(習慣付けトレーニング)
12位:フランクリン・プランナー軽量版クラシックという選択
13位:夏の思い出・・・
14位:インプット/アウトプットの技術−効率が10倍アップする新・知的生産術より
15位:本質を見極める-技術効率が10倍アップする新・知的生産術より


傾向としては、iPhoneとフランクリン・プランナー、それから意外に夏休みスペシャルが人気だったみたいです。iPhone自体は一時期ほど書くネタもなくなってきたので、自分が購入するまではしばらく放置で行くとして、やはり「フランクリン・プランナー」「ノート術」「メモ術」あたりはもう少し自分なりに掘り下げて記事にした方が良いのかなと。

手帳、ノート、メモの使い分けについて真剣に考える」は他の記事と比べて圧倒的なアクセス数だったんだけど、やっぱりタイトルがよかったのだろうか…。それはつまり、みんな手帳やノート、メモの使い方なんかに課題を感じているということなんだろうな・・・。


8月はトレーニングも結構できたし、アウトプットの量自体もそこそこだったと思う。9月もこの流れはしっかり引きついで、質を高めつつ、しっかりと成果を出していきたい。
posted by beck at 07:30 | 🌁 | Comments | TrackBack(0) | 勉強/スキルアップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

僕がBLOGを書く理由

Hacks for Creative Life!は、コーチングダイアリー時代も含めて、書き始めてもうすぐ丸四年です。はじめて書いた記事が

2004年10月14日に投稿したはじめましてという記事。

このころの日記を読み返して赤面の思いなわけだけど・・・なんだろうなぁ、ちょっとうれしい気分になる。自分が必死で生きてきたんだなぁっていう感触。自分で言うのも変だけど、あの頃の自分はほんと未熟で、必死で、熱かった

コーチ失格です
コーチ失格です2
おっされコーチへの道
2部昇進

このあたりなんて、なんか青春だなぁ・・・
このときもめにもめた女バレの子たちがOGとなって合宿に来てくれたときの記事がこれ

夏休み特別編−合宿でのひとこま

本当に、自分の人生を変えるほどの経験でしたし、あの子らとともに歩んだ日々と、あの子らと作り上げたあの素晴らしいチームを今でも誇りに思っています。

そんな思い出をBlogとして残していたおかげで、僕はその時の様子や、想いをありありと思い起こすことができますし、そのたびに”もっと頑張らなな”って思い直すことができます。


誰のためでもない、自分のために書いている。


こういうと、なんだかヤな感じですね(笑
でも、今はBlogを書いてて本当によかったと思います。

コーチから完全に身を引いた今、「Hacks for Creative Life!」に名前を変え、BLOGを書き続けています。一時期全く投稿しない時期もあったりしましたが・・・、やっぱり自分が生きている証をここに刻みたいと思い再開しました。


そういう意味ではこのBlogの言葉はひどく感情的で、形式は散文的且洗練されていない、実に見るに堪えないものだと思います。自分自身の「感情をぶちまけてこそ人生!」という考えを守りながら、どこまで人様に見てもらえる文章にできるか・・・が今後の課題ですね。


もうコーチネタを書くことはないと思うけど、今後もBLOGの中に偽らざる自分の想いを書いていきたい。そして、Lifehack仕事術手帳やら書評やらをテーマにアウトプットをしっかり出していきたい。それが誰かの役に立てば一番素敵だと思うし、最低限自分の理解を深めていきたい。


拙い文章ではございますが、これからも「Hacks for Creative Life!」をよろしくお願いいたします。
タグ:blog 振り返り
posted by beck at 01:37 | 🌁 | Comments | TrackBack(0) | 起業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。