【ご注意ください!】
Hacks for Creative Life!は引っ越しました。本サイトの更新は今後行われません。
今後はこちらのサイト(http://hacks.beck1240.com/)にて更新を継続いたします。

お手数ですが、RSSおよびブックマークの変更をお願いいたします。

また、Blogを書く場所を引っ越しはいたしましたが、今後とも更新は継続して行って参りますので、
これまでと変わらぬご愛顧の程よろしくお願いいたします。

201005020033.jpg
Hacks for Creative Life!管理人Beck

2008年11月24日

自分の家のルーツ

遠い昔書いたことなんだけど、僕の家系は平家の落ち武者だ。平清盛五男、平重衡の孫にあたる平重澄という人を開祖にして、北家が生まれた。うちの家系図を信じるとすると、

平清盛 - 重衡 - 重詮 - 重澄(始祖) - 重宗(阿波国→美作国へ)

という感じらしく、重詮は下記のホームページに登場し、どうやら記録はかなり信憑性の高いモノらしいということが分かる。
http://maturi.lolipop.jp/maturi/2007/maturi80.html
山内重則とは、京都山城の国、金子城主「平重詮」(安徳帝の侍従。平清盛の子・重衝の子で清盛の孫にあたる)が、源氏の追っ手から逃れるために「中山重則」と変名、安徳帝を守ってきたが、崩御後、山内と称し、この地に留まって御陵のお守りをすることになり、山内神助と改名したという。
この平重詮は平重則とも、中山重則とも、山内重則とも、山内神助とも呼ばれ、壇ノ浦後の平家落ちでかなり主導的な立場にあったようだ。伝説では、落ち延びた安徳天皇が若くして崩御するまで仕えたらしい。詳しくは以下のページを参考にしてもらいたい。

http://www.geocities.jp/kyoketu/5729.html
http://daichanzeyo.cocolog-nifty.com/0403/2008/04/post_2653.html

で、その平重詮の息子の一人、重澄が阿州北之荘(剣山麓)に住み北性を名乗るようになった。そして、その次男坊重宗が海を渡って美作の国へ移り、そこで江原氏(後に宇喜多直家の娘婿になる)に仕える。宇喜多家が豊臣家と命運を共にするに至って、北家も没落。その時代の当主は、「蟄居」という扱いになっている。

さて、そんな感じで自分のご先祖様について色々調べてみると、何だか神妙な気分になる。特に最後の御大将平重衡中将はめちゃくちゃカッコイイ、平家物語でもかなり人気がある人物だ。平重詮も、四国にまことしやかに囁かれる平家伝説の中では一種伝説的人物とも言える。

そんなことを考えていると、ご先祖様に恥ずかしくない人間にならねば・・・と、ちょっと身につまされる思いを抱いてしまう。今まで気にしたことが無い人も、1度自分の家のルーツを探ってみるとまた一興ではないかと。


タグ:歴史 平重衡
posted by beck at 03:01 | ☀ | Comments | TrackBack(0) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ボイスメモ+オーディオブックにT.sonic320を導入

前々から以下のことを考えていた。

1.オーディオブックや英語学習用に再生速度が変えられるMP3再生機が欲しい
2.アイデアメモを音声で出来るようにボイスレコーダが欲しい


これらの要望を完璧ではないにせよ、かなり高い水準で満たしてくれたのが「Transcend T.sonic 320」だ。あまり期待はしていなかったが、

・1.3倍速で再生可能なmp3再生機
・さっと録音可能なボイスレコーダ
・USBメモリやFMラジオとしても利用可能
・トータルで4GBのデータが保存可能

・サイズもちょっとデカイUSBメモリ程度
・値段も5000円弱


これだけ使えるとなると、かなり満足度は高い。作りはちゃっちいし、音もさほどよくはないんだけど、思った以上に便利すぎて、こいつはかなりいいお買い物だったのではと手(チョキ)




1.勉強用MP3再生機

僕個人としては、普段音楽を聴くのに使っているiPodにオーディオブックや英語学習用の教材をいれたくはない。むしろiTunesに音楽以外を登録したくないのだ。理由は単純で『音楽をランダム再生中にオーディオブックが紛れるから』

また、オーディオブックは基本的に速度を速めて聞きたいと思っている。(逆に英語は聞き取れないときは再生速度を落としたい)元ファイルの再生速度を速めることもLilith等のソフトを使えば可能なのだが、できれば元ファイルをいじらずに再生機側で解決したい。再生速度を上げたいのは・・・

・理解できる範囲でできるだけ多くの情報量を短時間に仕入れたい
・速聴効果で脳を刺激できたらいいなー的淡い期待


T.sonic320だと、1.33倍速まで再生速度を速めることができるのだけど、僕の耳には1.5倍以上の音声は聞き取りづらいし、正直不快に感じるため、この速度で十分だと思っている。4時間20分(260分)のオーディオブックなら、3時間20分(200分)で聴けるわけだから、それだけでも効果は大きい。


2.アイデアメモ用ボイスレコーダ

アイデアマラソンや仕事のメモなどはフランクリン・プランナーとA5ノートを母艦にして、サテライト的にRHODIAを使用していた。これはこれで良いのだけど、一点だけどうしても不満があった。

ふとしたアイデアは、歩いている時に思いつく

なんでかはよく分からないのだけど、個人的にはランニングをしているときや、会社の出勤中にてくてく歩いている時に良くアイデアを思いつく。良くビジネス書の中にも「運動によって脳が刺激される」みたいな記述を見かけるので、これは僕以外の人にとってもままあることなのだと思う。

良くアイデアを思いつくと分かっているのに、僕はメモを取る術を持っていなかったわけで、実際後になったら何を考えていたかはおろか、考えていたことすら忘れてしまう。歩きながらペンでメモを取れる人もいるとは思うが、残念ながら僕には無理だった。なので、樋口健夫氏のこの記事や勝間女史の本を読むに付けてボイスレコーダがあればなーと思うようになっていた。

ただ、ご両名の様に電車の中でボイスレコーダは使えない(^^;

下記ボイスメモ系の記事を参考に挙げておきます。
http://www.itmedia.co.jp/bizid/articles/0802/21/news135.html
http://www.nikkeibp.co.jp/style/secondstage/kenkou/katunou_080417.html
http://d.hatena.ne.jp/gnf/20070707/1183811313
http://www.soan.jp/archives/2008/10/post-1452.html

posted by beck at 01:12 | ☀ | Comments | TrackBack(0) | 仕事術/ヒューマンスキル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。