【ご注意ください!】
Hacks for Creative Life!は引っ越しました。本サイトの更新は今後行われません。
今後はこちらのサイト(http://hacks.beck1240.com/)にて更新を継続いたします。

お手数ですが、RSSおよびブックマークの変更をお願いいたします。

また、Blogを書く場所を引っ越しはいたしましたが、今後とも更新は継続して行って参りますので、
これまでと変わらぬご愛顧の程よろしくお願いいたします。

201005020033.jpg
Hacks for Creative Life!管理人Beck

2008年12月01日

スリムノート導入!(メモ/ノート術のススメ)

081201_181753.JPG 081201_181900.JPG
前のエントリーで、さんざん「ウィークリーはGoogleカレンダ」と息巻いていたんだけど、結局「スリムノート」を導入することにした。これで、僕のフランクリン・システムは

クラシックサイズのデイリー
スリムノートのウィークリー


という2重体制となった。
多くの場合、手帳は以下の2つの使い方が為される

  • スケジュール管理
  • タスク管理
  • 目標管理
  • 情報整理(メモや参照情報)

ざっくり分ければ、スケジュール管理がウィークリーのスリムノートで、それ以外がクラシックサイズのデイリーだ。なんでそんな面倒なことをするかというと、わかりやすく言えば

未来のウィークリー(予定管理)
現在/過去のデイリー(実績管理)


という使い分けをしたいから。ウィークリーは基本的に予定を押さえるためにある。スケジュールの割り込みはいきなりだから、とっさに取り出し、確認と書き込みがタイムリーにできる必要がある。バーチカルのウィークリーにこだわったのは、フランクリン的に言う「価値観→目標→週間スケジュール→その日の予定」という週間スケジュール策定をしたかったから。

また、デイリーは「今やるべき仕事に集中できる」「メモを集約すれば自動的に時系列順に並べられる。」「未来の自分へピンポイントで申し送り事項ができる」という点がとても気に入っている。メモを集約しようと思うのなら、よっぽど要約がうまい人でもないのなら、クラシックサイズ(A5一ページ)分ぐらいは必要だと思う。

勿論、クラシックサイズの手帳はいつも気軽に開けるわけではないので、とっさのメモにはRHODIAを使っている。本当はサテライトノートブックという、フランクリンのバインダーにとじられるスリムサイズのノートがあるのだけど・・・見た目にRHODIAの方がカッコイイので・・・。

結論として、ウィークリー+デイリーの組み合わせで運用したい人にとっては、プランナー+スリムノートという組み合わせはなかなか良いのではないかと思う。

良く読む”TEAM H”末端構成員の戯言の以下の記事あたりがとても参考になった。というか、使うアイテムが違うだけで、基本的なアルゴリズムはほぼ同じだと思う。
http://d.hatena.ne.jp/xaymaca/20081109
http://d.hatena.ne.jp/xaymaca/20081116


そんなわけで、これまで書いた記事などを総合して、今現在の自分のメモ/ノート術をまとめると以下の様になる。

ウィークリーのスリムノート
・週初の週間スケジュール立案
・とっさのスケジュール確認・記入
・とりあえずタスクメモ

デイリーのプランナー(但し1ヶ月分)
・日々のタスク管理(洗い出し/遂行)
・メモ集約
・未来の自分への申し送り事項
・目標/価値観/ミッション
・よく使う情報の挟み込み

RHODIA+ICレコーダ(メモ)
・とりあえずメモ(タスクはスリムノート)
・アイデアメモ(アイデアマラソンへ転記)

PC(Evernote)
・議事録/仕事ノート
・BLOGネタ
・Cre-pa!系メモ

A5ノート
・アイデアマラソン
・発想源

今後の検討課題は、20mmのリング径のバインダーにもう1ヶ月分リフィルを挟み込みたいのと、ノート機能を統合したいという点だ。全く使っていないプランニングカレンダーを保管バインダーに持って行くかな。

posted by beck at 19:36 | ☀ | Comments | TrackBack(0) | 手帳/メモ/ノート術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
blog comments powered by Disqus
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。