【ご注意ください!】
Hacks for Creative Life!は引っ越しました。本サイトの更新は今後行われません。
今後はこちらのサイト(http://hacks.beck1240.com/)にて更新を継続いたします。

お手数ですが、RSSおよびブックマークの変更をお願いいたします。

また、Blogを書く場所を引っ越しはいたしましたが、今後とも更新は継続して行って参りますので、
これまでと変わらぬご愛顧の程よろしくお願いいたします。

201005020033.jpg
Hacks for Creative Life!管理人Beck

2006年11月30日

WEB2.0-日本のWEB2.0といえば

Web2.0の定義は難しくて
技術的にはオープンソースだとか、AJAXだとか、RSSだとかが使われていて
リッチなユーザー体験外部から利用可能なAPIだとかが特徴・・・とか、
興味のない人にはまったく想像もつかないものだと思う。
 
手っ取り早く定義してしまえば
最近流行のユニークな特徴を備えた主に無料のWEBサービス全般

ってとこでしょうか。たとえば、Blog、Wiki、SNS等などは代表的なサービス。
 
ロングテールとか収益モデルが広告収入だとか・・・そういうビジネスの在り方まで定義
する言葉なんだよなぁ、WEB2.0的ってやつは。
 
ま、詳しくはWikipedeia−WEB2.0でも読んでもらうとして。
 
海外勢だと有名どころで
Google  : ビジネスモデルや提供サービス。
Youtube : ビデオ共有SNS(らしい?)
amazon : 泣く子も黙るオンライン書店最大手。
Flicker  : 写真共有サイト
 
その他、いろいろ漁ってみたんだけど、今はまさにWeb2.0フィーバーって感じで
新しいサービスがどんどんと勃興してきいる感じ。興味がある人は海外のサービス
紹介ページを下にはっつけておくので見てみてください。
 
CNET-WEB2.0の挑戦者シリーズ
GIGAZINE-ネットサービス
 
 
さて、TOEICうふえ点な僕には英語のサービスはちょいとストレスなので、
純国産系WEB2.0サービスに注目。

 

代表格としては
 
SNS
MIXI : いわずと知れたSNS最大手
GREE : EZ GREEで巻き返し中。
 
有名どころとしては
 
HATENA  : blog、ソーシャルブックマーク、アルバム、カレンダー等
LiveDoor : ポータルとしては?だが、BlogだけでなくWikiもありCOOL。
CyberAgent : 主は広告代理店なんだろうけど、blogとか色々やってます。
価格.com : PCから旅行まで、いろんなクチコミが集まるサイト。
Sidefeed : RSS関係のツールがいろいろ。先進的WEB2.0系企業。
 
だいたい、blog、SNS、Wiki、RSSリーダーなんかが既存のWEBサービス
プロバイダーによって提供されている感じ。例えば、Yahooとか楽天

 
RSSナビなんかはRSSが流行るちょっと前ぐらいから頑張ってたし、NEWSサイト
で昔からRSSを配信していたasahi.comもRSS配信のさきがけ。
 
ただ、アメリカでボコボコ生まれているWEB2.0的なサービスに比べれば、日本の
サービスはどれも2番煎じてきな感じがぬぐえない。こう、ヤベェ!って感じのサイト
がなかなか見当たらないわけで・・・。そんな中、ナカナカ愉快なサービスを発見。
 
NOTA:WEBページに手書きで落書きが可能。
コトノハ:何でもかんでも○×でアンケートしてしまう力業サイト。
Qooqle:Google+Yahoo!+amazon+hatena...etc...
 
 
日本は既存のWEBサービスプロバイダーがWEB2.0へと移行していく形が
ほとんどで、すごく斬新なサービスというのはなかなかお目にかかれない気がする。
後、海外に比べてすごく商業色が強いのも、既存企業が裾野を広げてるからなん
だろうな〜。


【インターネットビジネスの最新記事】
posted by beck at 17:24 | ☔ | Comments | TrackBack(0) | インターネットビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
blog comments powered by Disqus
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。