【ご注意ください!】
Hacks for Creative Life!は引っ越しました。本サイトの更新は今後行われません。
今後はこちらのサイト(http://hacks.beck1240.com/)にて更新を継続いたします。

お手数ですが、RSSおよびブックマークの変更をお願いいたします。

また、Blogを書く場所を引っ越しはいたしましたが、今後とも更新は継続して行って参りますので、
これまでと変わらぬご愛顧の程よろしくお願いいたします。

201005020033.jpg
Hacks for Creative Life!管理人Beck

2007年08月12日

夏休み特別編−合宿でのひとこま

今回の合宿に参加したOB/OGがみんな自分がバレーを教えたメンバーであることは前回のエントリーで書いたとおり・・・今回は男バレが”OBウザイ”モード全開だったこともあり、OB連中もみんな女子を見ていました。

さて、そんな合宿の最中に、個人的に嬉しいことがあったのでここに記します。

今回参加してくれたOGは、俺が大学4回のときの高校1年生、今大学1回生の子たちです。1度休部状態になった部活を2年生1人と1年生11人で0から一緒にはじめた子達です。

何度もけんかしたし、いっぱい失敗もしたし、何人かは一度は辞めようとしたこともあったという、本当に思い出深い代です。そして、何よりも強かったし、カッコよかったし、元気いっぱいで、他校の先生からも妙に好かれていた代でした。

一緒に頑張って、3部から2部、2部から1部、そして1部残留を果たし、府立高戦ではベスト8まで残り、舞洲アリーナまで行きました。今でも目をつぶれば、あの子らと戦った試合の情景を思い出すことができます。本当に、あの子等のバレーは見ている人に感動をあたえる、素晴らしいものでした。

その子たちが帰ってきて、OGとしてバレーを教えてくれるってだけでもすごい感動ですが・・・

元キャプテン(こいつがまたカッコいい)が、合宿中の反省で

「私はこの女バレがすごい好きで、ほんまにいいクラブやと思うし、誇りに思ってる。そういう女バレを残したいと思うから、私たちは教えに帰ってきてるんやで!」

と、言ってくれたことがまず本当に嬉しかったです。
自分たちが作り上げたという自負と、本当に全てをここで燃やし尽くしたという想いを、気持ちが昂ぶるあまり泣きながら現役たちに語ってくれました。

俺もあの日々のことを思い出して、思わずうるうるしているところに・・・

「ほんまこの人すごいねんから!」

と、なぜか突然話の矛先が俺の方に。

「あんたら一人一人のいいところと悪いところ、全部言えるし、どんなわがまま言っても笑って許してくれるし、ほんまに私らのこと考えてくれてるねんで。バレーが好きとか、教えるのが好きとか、そういうんやなくて、私らのことホンマに好きやから!」

って、正しいけど、少し語弊が(笑)確かに、バレーも好きやし、教えるのも好きやけど、ほんまに俺が女バレのコーチに全力投球できたんは、ほんまにプレイヤーとして、人として魅力的やったあの子等に必要とされていたからなんやと思います。

なんか、めっちゃ持ち上げられて、迷惑かけたこと謝られて、すごいいっぱいありがとうって言われて、すごいむずがゆかったけど、ホンマに嬉しかったです

現役への反省のはずやのに、なんかOGとコーチがお互い謝って、お礼いいあって泣いてるっていう変な構図やったけど、「ほんまにこういう人は大事にせなあかんし、北さんの話はほんまにためになるから、しっかり聞いときや!」って言ってくれたおかげか、次の日以降の指導がかなりやり易くなりました。


今、大学1年の代は、なんやかんやで、やっぱり一番思い入れのある代です。0から一緒にクラブを作り上げたっていうのもあるし、一緒にいた時間が長いっていうのもあるし、衝突したり、上手くいかなかったことが多かったというのもあると思います。

彼女らが引退し、卒業した後も”俺がコーチでよかったんかな?あの子等の可能性をつぶしたりしてへんやろうか?”と、心のどこかでは思い続けていました。精一杯やってきたつもりやけど、やっぱり心の奥底では不安が付きまとっていました。

だから、そうやって面と向かって、いっぱい「ごめんなさい」「ありがとう」を言ってもらえたことが心底嬉しかったし、今までやってきたことがほんまに報われたって感じでした。


俺は、常に”ほめる”ことを意識した指導をしてきました。もちろん、叱ったり、悪い点も指導します。それでも、どんな些細なことでも、絶対に気づいたいいところをほめることを意識してきました。「現代の子供たちは褒められることに飢えている」この3年間で、この考えは確信に変わりました。

バレーの指導をやってきて、感謝されることはあっても、褒められたのははじめてでした。24歳のおっさんでも、そうやって頑張ってきたことを褒められるのは嬉しいんだから、俺の考え方は決して間違っていないなって思いました。


俺は女子バレー部のコーチになってほんまに良かったと思うし、あの子等と一緒に築き上げたこのチームをこの先も残していきたいと思います。元キャプテンが語ったように、俺もこのチームのことがホンマに大好きやし、誇りに思っています。

そのことを、改めて再確認した、合宿の夜のひとこまでした。



posted by beck at 22:30 | ☀ | Comments | TrackBack(0) | 元バレーコーチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
blog comments powered by Disqus
ベック熱いよ…果てしなく熱いよ…
そしてかっこいいよ…
オレも一度でいいからベックみたいに
後輩から尊敬される先輩になってみたいなぁ〜
Posted by なり at 2007年08月13日 06:50
さんきゅw
とりあえずバレーの指導は、仕事より
も気合はいってるからね、俺(汗

教え子というよりは、ほとんどわが子に
接するイメージだからねぇ・・・
胃に穴があくかと思うような経験もいっぱい
あったさー。
Posted by beck at 2007年08月15日 06:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。