【ご注意ください!】
Hacks for Creative Life!は引っ越しました。本サイトの更新は今後行われません。
今後はこちらのサイト(http://hacks.beck1240.com/)にて更新を継続いたします。

お手数ですが、RSSおよびブックマークの変更をお願いいたします。

また、Blogを書く場所を引っ越しはいたしましたが、今後とも更新は継続して行って参りますので、
これまでと変わらぬご愛顧の程よろしくお願いいたします。

201005020033.jpg
Hacks for Creative Life!管理人Beck

2008年01月05日

ひとつの時代

今日は大阪から横浜に帰る前に、女バレの練習へと足を運んだ。
新コーチがしっかりやってくれているので、もう”バレーのために”
大阪へ帰ることはない。

新コーチとその同期、そして、新コーチの一つしたのキャプテン。
普段からその3人でバレーをみてくれている。
コミュニケーションも、順調を通り越して密すぎるぐらい・・。

その姿にコーチ時代の自分がオーバーラップする。

遊びに行ったり、ご飯食べたり、ジュースおごったり、長話したり、
部活動だけじゃなく、日々そうやって楽しく過ごしていた。
ケンカもしたし、口をほとんど聞いてもらえない時期もあった。
(ちゃんと最後には仲直りできた・・・と思ってるw)

そうやって、楽しかったり、大変やったり、悲しかったり、悔し
かったりってのは、中途半端やなくてみんな全力でやってたから
こそ、感じることができたもんやと思う。
そして、そういう一時代を彼女らとともに築くことができたのは、
本当に自分の人生にとって誇るべきことやとも思う。


そして、今日、目の前に新しいチームと新しい指導者達との絆を
見ることができた。それは間違いなく、新しいひとつの時代である
と思うし、これまでは主体者であった自分が傍観者となったことに
若干の寂しさと、えもいわれぬ嬉しさを感じた。


6年前、同期の7氏と共に母校に戻り、バレーの指導をはじめた。
その頃の男バレの教え子が、今のコーチ達である。

彼らの言葉の端々に、7氏や自分の教えたことが浮かぶことも
嬉しかったが、何よりも彼らがそれに自分の考えを加え、自分の
言葉として発してくれていることがなにより嬉しかった。


俺はほんまに問題の多い指導者やったと思う。でも、どうや、
俺には誇るべき教え子達がこんなにもいる。
資質には問題があったかもしれんけど、やってきたことは
間違っていなかったと絶対に言い切れる。


願わくば、チームの主体たる彼女らと、それをサポートする彼ら、
双方にとってかけがえのない時間が流れてほしい。
そして、またいつか、新しい時代を迎えたときに共にすごした時間
をひとつの時代として誇りにしてもらいたい。


posted by beck at 19:27 | ☔ | Comments | TrackBack(0) | 元バレーコーチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
blog comments powered by Disqus
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。