【ご注意ください!】
Hacks for Creative Life!は引っ越しました。本サイトの更新は今後行われません。
今後はこちらのサイト(http://hacks.beck1240.com/)にて更新を継続いたします。

お手数ですが、RSSおよびブックマークの変更をお願いいたします。

また、Blogを書く場所を引っ越しはいたしましたが、今後とも更新は継続して行って参りますので、
これまでと変わらぬご愛顧の程よろしくお願いいたします。

201005020033.jpg
Hacks for Creative Life!管理人Beck

2008年06月04日

耳で聞くビジネス書

日本ではあまりなじみのない「オーディオブック」
amazonや楽天books、もちろんiTunes Storeでも手に入れることができます。
ただ、あまり日本のビジネス書はそれほど多くでていないようです。

個人的には、日本のビジネス書のオーディオブックに関しては

febe
http://www.febe.jp/top/index.html

が最強だと思う。有名どころはかなり押さえられています。
で、もっというと、同じOtobank社が提供する、無料のサマリー版が
ダウンロードできるサイト

新刊.jp
http://www.sinkan.jp/top/index.html


が超おすすめ。たとえば、本屋さんに言って立ち読みをして良さげな本を漁る時間
を大幅に短縮することが出来るんじゃないかと思うわけです。
むしろ、このサマリ版を聞くだけで、その本の要点がわかるので、結構これだけでも
価値があるんじゃなかろうかと思うわけです。


個人的には、考えながら本を読んで、理解して、読み返してという作業はやっぱり
必要だと思うので、このサマリ版だけで全てが完結はしないと思っています。
しかしながら、だいたいその本に何が書かれているかの要旨を押さえておけば、
初見からかなりの理解度で読み進められるのではないかと思うわけです。


オーディオブック自体のメリットは歩いている時でも、満員電車でも読書(?)が
できるというところです。通勤ラッシュ時に本を開くことが厳しい状況にある人は
少なくはないはずです。
また、家から駅まで、駅から会社までの徒歩時間が長い人にとっても、これまた
有効な時間の有効利用になるのではないかと思います。もちろん、通勤に車を
使っている人にとっても有効な読書方法であるといえます。


自分もまだオーディオブック入門者なので偉そうなことはいえませんが、
まずは無料から入ってみて、興味があれば本を買う。より深く理解したり、何度も
読みたいと思う名著をオーディオブックで購入する、というサイクルを回して見よう
かなと思います。

ビジネス書をよく読まれる方で、通勤時間や徒歩?時間、車の運転時間の有効活用
のためにオーディオブックをはじめてみませんか?


ちなみに、勝間和代さんもオーディオブック関連のblogを書かれているようです。
やっぱり時間の有効活用を考えると、オーディオブックは強力な方法論のようです。
http://kazuyomugi.cocolog-nifty.com/audio_book/
posted by beck at 03:15 | ☔ | Comments | TrackBack(1) | 勉強/スキルアップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
blog comments powered by Disqus
こんにちは、FeBeの園田と申します。
このたびは私たちのサービスをご利用いただき、ありがとうございます!
それもFeBeだけでなく、新刊JPもご利用いただけているとの事で、
感激のあまり思わず書き込んでしまいました。

日本語のオーディオブック数に関しては弊社が最大ですが、
まだまだコンテンツの数は多くないと私たちも思っておりますので、
さらに皆様にご満足いただけるようがんばります!

これからもご愛顧の程、何卒よろしくお願いします。
Posted by FeBeの園田です。 at 2008年06月12日 15:16
はじめまして、園田さま!

いや、こちらこそ素晴らしいコンテンツの数々に感動ものです!
特に新刊JPのサマリ版は暇があれば聞きまくっています。
Febeはまだ全然利用できていないのですが、新刊JPや自分が今まで
読んだ本の中で繰り返し聞きたいと思えるものがあれば、積極的に
利用したいですね。

これからも、素晴らしいコンテンツ(質量共に日本最強の)の提供を
よろしくお願いします!
Posted by beck at 2008年06月13日 08:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

I had two fathers... 〜 oneだからって、一つだけとは限らない
Excerpt: ベストセラーを英語で読んでみませんか?
Weblog: 英語で読む金持ち父さん、貧乏父さん
Tracked: 2011-01-05 13:25
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。